貸出・返却

貸出

貸出点数

全館(中央・北・西・南図書館)で1人15点(そのうち視聴覚資料は7点まで)です。
あおぞら号は1人10点(そのうち視聴覚資料は7点まで)です。

貸出期間

2週間

借りるとき

借りたいものを「図書館カード」と一緒にカウンターにお持ちください。
「図書館カード」を忘れたときは、資料貸出票に必要事項を記入していただけば借りることができます。
「図書館カード」の作成は「利用登録」のページをご確認ください。

貸出期間の延長

図書館ホームページから、1回に限り貸出の延長手続を行うことができます。手続きを行った日から2週間の延長ができます。
※ただし、すでに返却期限を過ぎているもの、次に予約が入っているもの、市外の図書館から借り受けたものなどは延長できません。

ホームページから貸出の延長手続きをする方法

・「利用者メニュー」からログインする。
ログイン画面
・「貸出状況照会へ」を選択する。
利用状況画面
・貸出中の資料の一覧が表示されるので、貸出期間を延長したい資料の「延長する」を選択する。
(延長できない資料の場合は「不可」と表示されます)
資料選択画面
・「貸出延長確認」画面が表示されるので、問題なければ「貸出を延長する」を選択する。
貸出延長確認画面
・「貸出延長結果」が表示される。
貸出延長結果
 

 

貸出履歴を残す(「読書の記録」を設定する)

図書館ホームページもしくは館内の端末からログイン後、「読書の記録」を設定していただくと、設定後からの貸出記録をご覧いただくことができます。
なお、プライバシーへの配慮のため、図書館職員が利用者の方の貸出記録を確認することはできません。

ホームページから「読書の記録」を設定する方法

・「利用者メニュー」からログインする。
ログイン画面
・「読書の記録」欄の「読書の記録設定登録へ」を選択する。
マイライブラリ画面
・「読書の記録設定登録」画面が表示されるので、「利用する」を選択した後に「登録する」をクリックする。
読書の記録設定登録画面
・「読書の記録設定受付」画面が表示される。
読書の記録設定受付画面
 

 

ホームページから「読書の記録」の設定を解除する方法

・「利用者メニュー」からログインする。
ログイン画面
・「読書の記録」欄の「読書の記録設定登録へ」を選択する。
マイライブラリ画面
・「読書の記録設定登録」画面が表示されるので、「利用しない」を選択した後に「登録する」をクリックする。
読書の記録設定画面
・「読書の記録設定受付」画面が表示される。
読書の記録設定受付画面
 

 

ホームページから「読書の記録」を確認する方法

・「利用者メニュー」からログインする。
ログイン画面
・「読書の記録」欄の「読書の記録照会へ」を選択する。
マイライブラリ
・「(利用者ID)さんの資料照会」画面で「読書の記録」設定後の貸出資料が表示される
(利用者ID)さんの資料照会画面1

※「(利用者ID)さんの資料照会」画面のページの一番下「CSVダウンロード」から一覧をダウンロードすることができます。
(利用者ID)さんの資料照会画面2
 

返却

館内で返すとき

お返しになる本・CD・DVD・ビデオ・カセットなどをカウンターにお持ちください。 (「図書館カード」は必要ありません)

図書館が閉まっているとき

各図書館にある「返却ポスト」に入れてください。
CD・DVD・ビデオ・カセット・相互貸借本は入れないでください。

※中央図書館には、ビデオ・DVD用の返却ポストもあります

返すところ

  • 市内の図書館であれば、どの館でも返却できます。
  • 駅前の市民窓口センターや市民活動センター、市内7か所の公民館でもお返しいただけます。(返却処理は図書館が回収した後に行います。数日かかりますのでご了承ください)
    それぞれの返却場所の返却方法や回収曜日などは下記ページをご覧ください。

→駅前市民窓口センター(※令和元年5月22日にラスカ平塚3階「シオン薬局」隣へ移転しました)
→ひらつか市民活動センター(※平成31年4月1日に見附町へ移転しました)
→金目公民館
→金田公民館
→吉沢公民館
→城島公民館
→土屋公民館
→大神公民館
→岡崎公民館

延滞者への利用制限

返却期限の翌日から30日を過ぎても返却がされていない場合、新規の貸出及び予約の受付ができなくなります(※)。
延滞した資料が返却されると、貸出及び予約受付ができるようになります。返却期限をお守りいただけますようお願いいたします。

※返却日に 31日を足した日から利用制限開始
 例:8月1日が返却日の場合 → 9月1日から貸出・予約受付停止